HOME>イチオシ情報>女性機能を向上させ妊娠しやすい体になろう

体質改善とは

妊娠検査薬

妊娠を目指して定期的に夫婦生活を行っているのに、1年以上妊娠しないと不妊症と定義されます。不妊の場合、タイミング法や人工授精などの不妊治療を行うことが多いですが、そのような医療の手助けの他、体質改善を行うのも立派な不妊治療の一つです。体質改善とは、体の根本的な悪い部分を改善し、卵子や精子の質を向上させ、受精率や着床率を高めることです。生活習慣の改善や食べ物を通して行うことが多いですが、その中の一つに鍼灸院を利用する方法があります。鍼灸院では、特に女性の場合、体の冷えを解消し生理不順の改善や基礎体温の安定などの効果があります。不妊治療と併用して利用すると、なお高い妊娠率を期待出来るでしょう。

どのようなことをするのか

卵子

鍼灸院での具体的な不妊治療法は、まず手足やお腹に鍼を刺し、妊娠に関わる重要なツボを刺激していくというものです。卵子の質を向上させたい、基礎体温の高温期を安定させたい、など要望によって刺激するツボは異なるので、細かい要望があればカウンセリングにてしっかり伝えるようにしましょう。人体にはいくつものツボがあり、少し場所がずれるだけで効果が大きく変わってきます。また治療後は女性機能向上だけでなく、体がスッキリとするので疲労回復効果も見込めます。

通院頻度について

婦人体温計

鍼灸院での鍼の刺激は、強い痛みを伴うものではないので、安心して通うことが出来ます。通う頻度は個人によって異なりますが、月に3~4回という人が多いです。特に、体外受精で採卵をするために良い卵子を育てたい、というような場合は、多めに通院するなど一般病院での治療法によっても通院数を変えてみると良いでしょう。不妊期間が続くと焦ってしまいますが、鍼灸院にて根本的な体質改善を行うことが、妊娠への近道になるかもしれません。

広告募集中